メインメニュー:

フェルト:

Home > 製品案内 > フェルト > フェルト

印刷用のページを表示

フェルトの素材の比較

素材 羊毛
Wool
レーヨン
Rayon
ポリプロピレン
P.P
ナイロン
Nylon
ポリエステル
PET
m-アラミド
m-aramid
四フッ化エチレン
PTFE
耐炎化繊維
Preoxi-dized PAN
p-アラミド
P-aramid
耐熱性(常用温度)
[℃]
100 100 80 150 130 230 250 190 180
強度
[g/de]
1.5 2.8 6 6 5.2 5.6 2.5 1.8 22
伸び率
[%]
30 19 20 42 35 38 30 15 4
公定水分率
[%]
15 11 0 4.5 0.4 5.2 0 8.0 7
溶融点or分解点
[℃]
130 190 165 253 260 371 327 350 427
限界酸素指数 25 20 19 20 20 31 95 55 26
熱伝導率
[X10-4cal/cm・sec・℃]
0.9 5.5 3.3 6 5.1 3.1 6.9 2.8 4.2
耐酸性 × × × ×
耐アルカリ性 × ×
耐候性 × × ×
不織布・フェルトの用途 カラーフェルト
研磨用
緩衝材
カラーフェルト
保水材
中詰
カーペット
フィルター
油吸着材
緩衝材
ワイパー
緩衝材
フィルター
インソール
耐熱緩衝材
フィルター
クリーニングロール
フィルター
耐熱シール材
アスベスト代替
耐熱緩衝材
耐炎シート
アスベスト代替
耐熱緩衝材
フジコー品番 Press felts Fujilon
2000
Fujilon
000
Fujilon
4000
Fujilon
5000
Fujilon
6000
Fujilon
7000
Fujilon
8000
Fujilon
9000

●上表のそれぞれの繊維を素材としたフェルトが、その用途に応じて使用されています。
●耐薬品性については巻末の「繊維の耐薬品性」をご覧ください。
●特殊な材質はすぐに入手できないものがありますのでその都度お問合せください。工業用長尺フェルトとして広く利用されているものとしては、羊毛60%、レーヨン40%の羊毛長尺フェルト(白色・原色)があります。

羊毛フェルトの特性

羊毛フェルトは羊毛を主体とし、織ったり、編んだりすることなしに単に機械的にから み合わせて均一な層にしたもので、羊毛のほかに合成繊維や他の動物の毛や植物繊維な どを混ぜ合わせてつくったものです。  
フェルトはシールの材料としてはきわめて昔から使用されていますが、単にからみ合わ せた組織であるため多孔質で気体や液体を完全にシールすることは不可能で、普通は 0.01MPa 程度のきわめて低圧の水、油、潤滑油などをシールするのに使用したり、つ ぎのような特性を有するため運動する軸の給油用や防塵用として使用されています。

  1. 普通の大気状態、湿気、日光、気温、冷気などにほとんど影響を受けず、水、鉱油、グリースなどで変質を起こしません。(アルカリ溶液には侵されます)
  2. 組織は毛管現象で油を吸い上げる性質をもっているため、油槽などに接触させるか、適当な方法で給油を行なえば常に全体に油を含み円滑な潤滑の役目を果たすことができます。
  3. 油を組織内に貯蔵する性質が大きく、一般のシール用フェルトではだいたいその容積の約78%の油を貯蔵することができるため給油具としてきわめてすぐれた性質をもっています。
  4. フェルトは軸に対して研磨作用をもちます。その理由は軸の摩耗の原因となる異物や微粒子をフェルトの組織内に吸収するため、表面が清浄になり、かえってみがく作用をするためです。
  5. フェルトはきわめて低温性がよく、一般の使用温度範囲は-50℃~+100℃です。

フェルトリングFi規格

Fi規格 寸法(mm)
厚さ×内径×外径
5
6
3.5× 20× 31
5× 25× 38
7
8
5× 30× 43
5× 35× 48
9
10
5× 40× 53
5× 45× 58
11
12
6× 50× 67
6× 55× 72
13
15
6× 60× 77
6× 65× 82
16
17
7× 70× 89
7× 75× 94
18
19
7× 80× 99
7× 85×104
20
21
8.5× 90×111
8.5× 95×116
22
23
9.5×100×125
9.5×105×130
24
26
9.5×110×135
9.5×115×140
28
30
11×125×154
11×135×164
32
34
12×140×173
12×150×183
36
38
12×160×193
12×170×203
40 12×180×213