メインメニュー:

合成樹脂:

Home > 製品案内 > 合成樹脂 > ニューエンジニアリングプラスチック

印刷用のページを表示

ポリフェニレンサルファイド(PPS)

  • 熱変形温度260℃以上、UL連続使用温度200~240℃の高い耐熱性をもっています。
    フッ素樹脂につぐ耐薬品性および低い吸水性をもっています。
    耐薬品性に非常に優れ、酢酸のような有機酸はもちろん、塩酸、硫酸のような無機の強酸にも耐えます。また、強アルカリにも侵されません。
    きわめて高い剛性、高温・低温下のすぐれた機械的特性をもっています。
    耐疲労性もよく、最高の耐クリープ性をもっています。
    難燃材無添加で、UL94V-0の難燃性の特性をもっています。
    線膨張係数が低く、吸水性も少ないため、寸法安定性に優れています。
    耐熱性、耐薬品性、寸法安定性に優れており、PEEKよりも安価です。
    PPSは分子と酸素が光や熱(直射日光、蛍光灯、水銀灯、高温雰囲気に長時間さらされた場合)等に反応して酸化膜となり茶色く変色しますが、機械的特性や物性の変化は殆ど発生しません。
  • 東レ「TPS-PPS」
  • タキロン「PPSプレート」
  • 旭硝子「ライトンPPS」
  • クオドラントポリペンコ「テクトロンPPS」