メインメニュー:

ガスケット:

Home > 製品案内 > ガスケット > 液状ガスケット

印刷用のページを表示

液状ガスケット

イメージ イメージ
イメージ イメージ
  • スリーボンド№1100、1200シリーズ
  • 機械の接合面に塗布し、組み付けるだけで接合面からの漏れを防止します。
  • 接合面の温度、振動、圧力、接触流体、クリアランス、作業条件などによって、最も適切なものを選択できるよう20種類余りのタイプがあります。
  • 主な用途:機械の接合面のシール
  • 容量:種類によって容量が異なります。次ページ以降の表をご参照下さい。
  • 1個単位での販売です(12品種は即納品、他品種も取扱しております。)

①液状ガスケットの特長

  • 単体・少量でシール効果を発揮するため、ガスケット材料費を削減できます。
  • フランジ面とのなじみが良く、比較的低い締め付け面圧でも効果があり、増し締め不要。作業性が良好です。
  • 固形ガスケットに比べ、材質選定や厚み計算など事前の検討項目を減らせるため、設計時間の短縮となります。
  • どのような形状、寸法のフランジにも使用可能なため、在庫管理の合理化につながります。

②使用時の注意点

  • シールする媒体に適したタイプの液状ガスケットを選定・使用する必要があります。
  • 非常に大きなクリアランスを持つフランジには不適です。
  • 塗布するフランジの表面状態(油・水分やゴミ付着の有無等)によって耐圧性が変化します。
  • 無溶剤タイプ反応型では、液体から固体に変わるまでに時間がかかるため、時間の管理が必要となります。
  • 接着性タイプ(スリーボンド№1102)はその性質上、取り外すのが困難となります。

③液状ガスケットのさまざまなタイプ

有機溶剤タイプ 非反応型 変性アルキッド系 №1102
繊維素エステル系 №1103
合成ゴム系 №1105、1184
無溶剤タイプ 非反応型 フェノール系 №1101
変性エステル系 №1121
反応型 シリコーン系 №1211、1212、1215(脱オキシム型)
アクリル系 №1207B、1207C、1207D、1209(脱アセトン型)
水性タイプ 非反応型 水性アクリル系

④シリコーン系液状ガスケット 硬化機構による特長の違い

硬化機構 特長
脱オキシム型 ほぼ無臭、各種材料との接着良好 №1211、1212、1215
脱アセトン型 無臭、速硬化。保存性・作業性・密封耐熱性良好 №1207B、1207C、1207D、1209
脱アルコール型 無臭、腐食性なし

基本的に一液型で、チューブやカートリッジから押し出すだけで空気中の水分によって硬化します。
加熱や加圧などの特別な操作が必要ありません。